中国語黄鳥発音教室
 
Bulk Buy Posts RSS Feed
 
 
 
(i)

養生之道

長生き、免疫力アップの方法を探求します。
人間って、強いもの?弱いもの?強いって言ったら、全然飛べないのに、自分の知恵を利用し、空を飛べるようになり、宇宙までいけるようになりました。弱いと言ったら、台風や土石流や事故や病気ですぐなくなってしまいます。
このブログで先賢たちのから受け継いだ知識を現在直面した問題を解けたらと思います。

コロナに対抗する免疫力をアップする技について

No comment 2021-07-28 02:37:56
私は中国の漢方医学に大変興味をもっております。
私自身では東洋医学で治らない難病が漢方医学でなおったことを経験したことがあります。
一つは稽留流産です。二人目の子を産むため、3回稽留流産を辛く経験しました。いろいろ調べてもらいましたが、東洋医学ではやはり原因が不明であると言われていました。しょうがなく中国鍼灸をやってみました。担当医の話では腎気・腎精が不足しているから稽留流産になるとと言って、2回針灸を受け、痛みが全然感じず、背中やお腹があたたく感じました。その後、妊娠でき、二人目の息子を産みました。
もう一つは湿疹です。体に赤くて、表面に白っぽいが出ていたものが出てきました。痒いときもあるし痒くないときもありますが、最初は右肩の近くでて、一ヶ月ぐらい経て全身まみれ出ていました。家の近くにある評判のいい皮膚科に行ってみましたが、検査を受けましたが、原因不明ですと言われ、試しでホルモン剤や抗生物質の塗り薬を処方され、一週間使ってみれば全然変わらなかったです。薬を使うのをやめました。仕方がなく、中国語のネットで調べてみて、内熱で血熱になったとのことを書かれて、色々な古代から伝えた漢方方法を紹介され、家にある棗や枸杞、白い木耳、卵を使って、土鍋で煮て食べることで(1日一回で)、一週間経て、体に出たものがだいぶ緩和できました。その後、自信を持つように一ヶ月使って軽いところ、普通の肌になり、ひどいところ、何箇所残っていました。棗を長期に多量に食べると便秘気味になりやすいから、季節の変わりにもなるから、こちらもやめて、運動や食事療法で今現在完治しました。当然、これは個人の経験ですから、絶対いいとはいえませんが、自分なりの方法を探すのは一番でしょう。
話が長くなってすみませんが、タイトルのようなことについて、議論したいと思います。前述した経験があるから、暇なとき、中国の漢方医学をよく見ております。一昨年からのコロナは未だに抑えられなく、罹患された方々をみて、私には何かできるかと考えて、浅薄な知識で皆様にいいアドバイスできたら幸いでございます。
やはり『黄帝内経』によって、季節の変わりにより、人の体も変わります。春には風邪があり、夏には熱邪、長夏には湿邪があり、秋には燥邪があり、冬に寒邪があるとのこと。
 

 
 

夫婦の年齢差はどのぐらい適切でしょうか?

No comment 2021-07-26 22:24:38
初恋の相手はまだ覚えていますか。
人によって、初恋の年齢が違いますが、7歳の子もいるし、思春期に入ってからの人もいますね。相手はほぼ同年齢の人が多いでしょう。
実際は中国の医書経典である『黄帝内経』により、『女子七岁,肾气盛,齿更发长;二七而天癸至,任脉通,太冲脉盛,月事下,故有子;三七,肾气平均,故真牙生而长极;四七,筋骨坚,发长极,身体盛壮;五七,阳明脉衰于上,面始焦,发始堕;六七三阳脉衰于上,面皆焦,发始白;七七,任脉虚,太冲脉衰少,天癸竭,地道不通,故形坏而无子。丈夫八岁,肾气实,发长齿更;二八,肾气盛,天癸至,精气溢泻,阴阳和,故能有子;三八,肾气平均,筋骨强筋,故真牙生而长极;四八,筋骨隆盛,肌肉满壮;五八,肾气衰,发堕齿槁;六八,阳气衰于上,面焦,发鬓颁白;七八,肝气衰,筋不能动,天癸竭,精少,肾脏衰,形体皆极;八八,则齿发皆去。肾者主水,受五脏六腑之精而藏之,故五藏盛乃能写。今五藏皆衰,筋骨解堕,天癸尽矣。故发鬓白,身体重,行步不正,而无子耳。』と書かれています。(出典:『黄帝内経(素問・上古天真論)』注:日本語の訳文は後日、時間があったら添付させていただきます。)
 中国の医学では腎臓は先天(うまれつき)の基盤であり、父母から受け継いだ精気で誕生し、腎精や腎気が増えることにつれ、大人になり、その後、腎精・腎気の減少に伴い老化し、なくなります。これは人が一世である。性別からみれば、女の子の場合、7歳が一周期であり、7歳から大人に向けて徐々に成長していきます。14歳になると生理が来、生育力が持つようになり、21歳は成熟期に入り、28歳の周期にはいる生育時期であると言われているます。男の子の場合、8歳が一周期となり、8歳から大人に向けて成長します。16歳から生育力を持つようになり、24歳が大人になり、もっとも良い生育時期が32歳であると言われています。
 

 上述した内容に基づいて、恋愛時期は女子の場合、21歳で、男の子が24歳で、子供を産む時期からみれば女性が28歳から35歳の間、男性が32歳から40歳までの間のほうが、身体的、心理的、経済的な面を含めて一番適切な時期でしょう。前述したことを踏まえて、夫婦の年齢差が4歳から12歳の間でいいでしょう。
 
 
User Agreement | Powered by Uniwits System