私は中国の漢方医学に大変興味をもっております。
私自身では東洋医学で治らない難病が漢方医学でなおったことを経験したことがあります。
一つは稽留流産です。二人目の子を産むため、3回稽留流産を辛く経験しました。いろいろ調べてもらいましたが、東洋医学ではやはり原因が不明であると言われていました。しょうがなく中国鍼灸をやってみました。担当医の話では腎気・腎精が不足しているから稽留流産になるとと言って、2回針灸を受け、痛みが全然感じず、背中やお腹があたたく感じました。その後、妊娠でき、二人目の息子を産みました。
もう一つは湿疹です。体に赤くて、表面に白っぽいが出ていたものが出てきました。痒いときもあるし痒くないときもありますが、最初は右肩の近くでて、一ヶ月ぐらい経て全身まみれ出ていました。家の近くにある評判のいい皮膚科に行ってみましたが、検査を受けましたが、原因不明ですと言われ、試しでホルモン剤や抗生物質の塗り薬を処方され、一週間使ってみれば全然変わらなかったです。薬を使うのをやめました。仕方がなく、中国語のネットで調べてみて、内熱で血熱になったとのことを書かれて、色々な古代から伝えた漢方方法を紹介され、家にある棗や枸杞、白い木耳、卵を使って、土鍋で煮て食べることで(1日一回で)、一週間経て、体に出たものがだいぶ緩和できました。その後、自信を持つように一ヶ月使って軽いところ、普通の肌になり、ひどいところ、何箇所残っていました。棗を長期に多量に食べると便秘気味になりやすいから、季節の変わりにもなるから、こちらもやめて、運動や食事療法で今現在完治しました。当然、これは個人の経験ですから、絶対いいとはいえませんが、自分なりの方法を探すのは一番でしょう。
話が長くなってすみませんが、タイトルのようなことについて、議論したいと思います。前述した経験があるから、暇なとき、中国の漢方医学をよく見ております。一昨年からのコロナは未だに抑えられなく、罹患された方々をみて、私には何かできるかと考えて、浅薄な知識で皆様にいいアドバイスできたら幸いでございます。
やはり『黄帝内経』によって、季節の変わりにより、人の体も変わります。春には風邪があり、夏には熱邪、長夏には湿邪があり、秋には燥邪があり、冬に寒邪があるとのこと。